GriっとEnglish

「grit」とは英語で「やり抜く力」の意味。
英語で最も大切なのはGritだと信じています。
本サイトでは英語学習にとって役立つ情報や動画などを掲載しています。

It is better to be a human being dissatisfied than a pig satisfied;
better to be Socrates dissatisfied than a fool satisfied.
-John Stuart Mill (1806-1873) -

英語の学習アドバイザーをしています。
英語の質問・英会話のパートナー・英検・TOEICなど資格試験のアドバイスもしています。
カウンセリングなどご希望の方はどうぞお気軽にお問い合わせください。

カテゴリ: 学習お役立ち情報

最近、山口真由氏著『東大主席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法』を読んでいます。

山口氏は、東大を主席で卒業され、財務省で務めた後現在は弁護士やコメンテーターとして活躍されています。
一度はメディアで山口氏をご覧になった方も多いと思います。

その中ででてきた「ファインマン効果」についてご紹介します。


東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法



■ファインマン効果
書籍の中で書かれていることを要約すると、ファインマン教授という著名な教授は人物的にも素晴らしいし、授業も分かりやすい。しかし、生徒達の成績は全然ダメで、生徒達は結局彼の授業を聞いて分かった気になっていたが、実は理解していなかった、という内容です。

結局いい授業を受けているだけではダメで、自分が勉強しないと成績は上がらないということです。

もちろん、教え方の上手な先生のおかげでその教科が好きになったり、どんどん勉強に集中できるようになるということがあると思いますから、そのようにモチベーションを上げてくれる先生の存在は重要です。

ただ、生徒にとって大切なのは、そのような先生からもらったやる気を授業内で終わらせず、例えば成績を上げるためならそこから自分で努力していくということですよね。

私はこの事実には気付いていましたが、それが「ファインマン効果」と呼ばれるということは知りませんでした。


■山口氏提唱の7回読みについて
山口氏の7回読みというテクニックは大いに賛成できます。

英語の単語帳がまさか7周すれば全ての単語が身に着くほど甘くはありませんが、最初は覚えようとせず何度も触れいくうちに単語が覚ぼわっていくという点では、山口氏と言ってることは同じだと思います。

私は英会話スクールで中学生に英語を中心に教えていますが、昔塾講をしていたので、他の教科も勉強の仕方をアドバイスしています。

どの教科も成績が上がらない子は、結局同じことを何回もやるということが恐ろしくできていません。
テスト範囲を1周すらできてない生徒がいます。
それでは、もちろん点数はあがりません。
絶対的勉強量が問題と言えばその通りなのですが。

私も通訳案内士のために現在勉強をしています。
YouTubeで世界遺産や城郭などを見ていますが、やっぱり何回も気負わず見ることで、少なくともそこで紹介されているものは覚えてしまいました。

結局みなさん繰り返し勉強することで成績を上げているのでしょうが、山口氏のような経験と実績がある人が言うと説得力があるのでしょうね。



■山口氏はGritな方
それにしても、山口氏の決めたらとことん勉強する、というのも大切な才能だと思います。

昔コンビニで働いていた時に、物知りな人がいました。
確かに浅く広くなんでも話に付き合える人でした。
記憶力はまぁまぁいいんだなって思います。

でも彼の欠点は、継続が全くできないこと。
何か始めるのですが、ちょっとしたらすぐ止めてるんです。
「僕は京大に行くくらいの地頭のよさ」と言ってましたけど、結局地元のFランを留年・中退してます。
継続できない人の末路ってこんなんか、って実感しました。



■まとめ
今回は山口真由氏の『東大主席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法』をご紹介しました。
ファインマン効果について、読者の方にも意識をして頂けたら幸いです。

今日もTOEICの授業をしました。

今日の生徒さんはTOEICスコアを650くらいお持ちです。
英検準1級もお持ちで、文法もかなり理解されています。
文法の用語・用法には精通され、こちらの質問にも適切にお答え頂いています。

しかし、その生徒さんは一度英文を読んだだけでは頭に残らないのが
凄くネックだと仰っています。
TOEICのために毎日6時間くらいかけて勉強をしているそうです。
文法はまぁまぁできているので、単語力の強化と文の精読をとにかく呼びかけていますが、
簡単には成果は表れてくれません。

ネットで調べてみると、同じような悩みを抱えた方が大勢いらっしゃいますね。
英文が頭に入ってこない人の場合、やはり多読がカギのようですね。

今回は多読のについて色々調べた記事を掲載したいと思います。

①RareJob English Lab
専門的な観点から多読の必要性・効能などを説明している。
専門的と言っても、難しい内容ではない。専門的ゆえに納得もいく。
RareJob English Labホームページ

②NPO多言語多読
多読に関するコツをわかりやすく解説してくれている。
NPO多言語多読ホームページ

③Brighture
どのような本を選ぶべきかアドバイスをくれている。
Brightureホームページ

④Let's enjoy life in English
多読について書かれているが、TOEIC全般に関する情報が非常に豊富。
他の記事もオススメ。
Let's enjoy life in Englishホームページ

⑤3流大学性がたった一発でTOEIC900点を取得した勉強法
多読の問題点などを指摘している珍しいサイト。
読んでおいて損はないはず。
3流大学性がたった一発でTOEIC900点を取得した勉強法ホームページ

⑥Atsueigo
TOEIC満点保持者・Atsuさんのホームページ。
多読は必要としながらも、正しいやり方についても説いてくれている。
Atsueigoホームーページ

あるサイトに書かれていましたが、TOEICの場合多読は重要だが、同様に速読も重要とありました。
しかし、その両方をうまく機能させるためには何と言っても精読できなければならないともありました。
私もそれに同感です。正しく読めなければ、結局自分で勝手にストーリを組み立てて間違った解釈をしてしまうことがあるからです。
精読・速読・多読という三つをうまく組み合わせた勉強が必要ということですね!
 



最近TOEICを指導している時に、TOEICは毎回受験するべきかどうかとう質問を受けました。

個人的には毎回受けるべきだと思います。
TOEICも結局は試験ですから数をこなせばこなすだけ試験慣れできるでからです。

現に、以前教えていた方は会社のTOEICもTOEIC公開試験毎回欠かさず受験し、
8カ月で250点くらいあげた方がいらっしゃいました。
もちろん、その方は平日も休日も時間がある時は一心不乱にTOEICに取り組まれていました。

また、私自身の経験からも一つ。
私は2017年第2回テスト(秋季テスト)で英検1級に合格しました。
そこで必ず合格するつもりで勉強をしました。
その以前から取ろう取ろうとはしていましたが、仕事の都合などで受験が延び延びになっていました。
英検に合格しなくてはいけない、ずっと英検の勉強を続けなければいけない、
とう思いにその間ずっと付きまとわれました。
このままでは英検に早いところ合格しないと、次のステップに進めないと思いました。
(性格的にアレコレ上手にやるのが苦手なのです)
この経験からも、毎回TOEICを受けて早く目標に到達しないと、
いつまでもスコアのことが心にトゲのように引っ掛かってしまいます。
私は英検に合格することで、英検から一旦解放されたのです。

今教えている方は、「毎回受けたところでそんなにスコアは伸びないだろうから、
目標を見据えてそこで一発勝負に出る」と仰っています。
確かに、英検は年に3回しか受験できない訳ですから、
そこに全力投球するするしかありません。

それも一つの考え方ではありますが、個人的には先に書いたように毎回受験推進派です。

TOEIC受験について世の中には色々な意見があり、正解はありません。
従って、自分がそうだと思うやり方を信じ全力で取り組む必要がありますよね。

世の中の人はどう考えているのでしょうか?

TOEIC受験について色々な声を拾ってみました。

①GOTCHA!(ALCさんが運営するサイト)
TOEICの超有名講師ヒロ前田さんが、肯定派と否定派の両方の意見を述べてくれています。
GOTCHAホームページ

②じゅっこう部
2017年の10月から2018年の5月に計7回TOEICを受験している。
スコアは結果的に上がったが、問題点も指摘しており興味深い。
じゅっこう部ホームページ

③英語学習の処方せん
こちらでは毎回受験を推奨している。
大きく3つの観点から自身の主張についてサポートをしている。
私も色々共感できる点が多い。
英語学習の処方せんホームページ

④トイガイド
こちらはスコアを上げたい人は毎回受験を、
逆に自分の英語力の推移を見たい人には毎回受験は勧めていない。
トイガイドホームページ

⑤TOIECと英語習得を両立させる勉強法
(TOEIC&実用英語スクール「澤田塾」の澤田氏が運営するサイト)
澤田氏も毎回受験推進派。
TOIECと英語習得を両立させる勉強法ホームページ

【まとめ】
以上、TOEICの毎回受験のぜひについて代表的なサイトを掲載しました。
ひと言でいって、毎回受けるべきとの声の方が圧倒的に多かったですね。
もちろん、受ければ勝手にスコアが上がっていく訳ではないことは確かです。
スコアを上げるために勉強に取り組み、その上で毎回受験をしていくべきということは変えようのない事実ですね。

60か国の講師陣とマンツーマン!

第四文型をつくる動詞について見てみましょう。

I gave you a book.

などの文ですね。これは第三文型に書き換えられますね。

I gave a book to you.

この場合、目的語(a bookとyou)の位置が入れ替わると、toという前置詞が用いられるのが特徴でしたね。
また、第四文型から第三文型へ書き換えの時用いられる前置詞には、to と for があるのでしたね(of もありますがここでは扱いません)。

give型(toを用いる)・・・ send / teach / tell
buy型(forを用いる)・・・ do / get / make  / cook 

などです。これは高校受験や大学受験で暗記したことはないでしょうか。なぜ toとgiveの違いがあるのか習いましたか?

to の場合は対象物が相手に届いている場合で、forは届いていないことを意味します。

I gave a book to you.

ならば、gave「あげた」ということは相手がもう本を所有していることが示唆されます。

I bought a book for you.

ならば、bought「買った」からと言って、本が相手を所有している訳では必ずしもないことが示唆されます。

このような違いでtoとforの使い分けがされているそうです!

No sooner ~ than (~するや否や...した)構文は高校で英語を勉強したことがある人なら一度は目にしたことがあるでしょう。

No sooner had I got home than my mother talked to me.
(帰宅するや否や母が話しかけてきた)

この構文の特徴は、no soonerの後が過去完了で倒置形になっておりthanの後が過去形で表されます(その他のパターンは見たことがないのですが...)。 

20年前に買った英語の本にこんな記載がありました。

「No sooner had I arrived at the station than the train left.
 (駅に着くとすぐに電車が出た)

(中略)明治時代の英語ならともかく、そのような英語をアメリカ人が使うことはおろか、見ることも一生のうち一度あるかないかである事実をご存知でしょうか。」
(筆者については伏せさせてもらいます)

と書かれています。しかし、なんと!あの有名な『ハリーポッターと賢者の石』でこの構文が2箇所も使われているのです!一生に一度できるかどうかの体験が1冊の本を読むだけで2度もできてしまうんですよ!現在Kindle Unlimitedであればダウンロードして読めますので、ぜひ一度ごらん頂きたいです。

この筆者の本を読み返して学ぶことは改めて多いです。
ただし、いくらネイティブに確認したからと言って大げさに書き過ぎるのはよくないと言うことを学びました。
この筆者の書いた他のことは私もすっかり忘れていましたが、なぜだかこの構文のことは本当によく覚えています。結構上から目線な言い方が多分鼻についていたのかも知れません。

20年くらい前に読んだ本のことをこのようにブログに書くのも何だか不思議な体験です。
 

2006年に出版された、ロバート・ヒルキ氏によるTOEICの解き方・勉強の仕方が学べる一冊です。OEICを初めて受験して何とか我流で845取りましたが、全くコツも何も押さえずがむしゃらにテストを受けました。どうやってコツを身につけたらいいのか悩んでいたところに出会った一冊です。ここから本当に多くのことを学びました。生徒さんにもヒルキ氏のことを紹介しつつ、コツを伝授させて頂いています!いまさらではありますが感謝を込めて紹介します。
なお、新傾向に対応したものが、2月に新たに出版されています。 

TOEIC対策本はどれを使えばいいのかお悩みの方も多いと思います。Amazonの評価を見るのも一つの手ですが、使用者が色々なテキストを比較している情報もあるといいですよね。ということで、今回はオススメのサイトをまとめてみました。

Recommend Tank
【ホームページより】
大学(院)受験や就活、転職と『英語の指標』となっているTOEIC。
英語力が測れるのか?など議論は絶えませんが、まだまだ英語試験の主役です。
筆者のTOEICハイスコアは910ですが、大学入学時はTOEIC500点にも届きませんでした。
しかし、最適な勉強法とテキストによって、半年で300点以上のスコアアップに成功しています。
Recommend Tankホームページ

Let's life in English!
【ホームページより】
TOEIC対策本は100冊以上購入しましたが、自分がやり込んだものの中で、本当に役に立ったと感じたものだけを選び、その理由も添えています。
ただ、僕がトライした参考書の中には、古くなってきて最新の傾向とズレてきているものもあるので、その場合は、新しく発売されたものの中でおすすめのテキストをご紹介しています。
Let's life in English!ホームページ

TOEICⓇテストは名古屋英語特訓道場
【ホームページより】
名古屋英語特訓道場の990点満点講師が厳選した市販のおすすめTOEIC®TEST本(2016年5月以降の新形式向け)です。
[2018年7月20日時点]
TOEIC®TEST のスコアを上げるには、良質の問題に触れることが大事です。しかし、TOEIC®TEST は試験問題が回収されることもあり、質の良い問題をつくることができる人は限られています。 巷には、いい加減な問題ばかりを載せいている本も多数あります。「安い」、「やる気が出そう」、「見やすそう」などの判断基準で参考書・問題集を選ぶと、ひどい本にあたってしまい、スコアが上がらない可能性があります。
ここでは、これまでに手にした1,000冊以上の参考書・問題集の中から本当におすすめできるものだけを掲載しています。
TOEICⓇテストは名古屋英語特訓道場ホームページ

らーめんてーぶる
【サイト管理者コメント】
各テキストの難易度が実体験を元にデータ化されているのが特徴。
ようここまで分析したな、と思わずうならされた内容です。
らーめんてーぶるホームページ

TOEICハンター
【ホームページより】
今や新形式用の問題集も続々発売されていますが、TOEICでハイスコア獲得の為にかかせないのが模試問題集です。
リスニング、リーディングの全200問を本番と同じ時間制限付きで解く練習をすればするほど、本番試験にどんどん強くなっていきます。
本番試験に強くなる=ハイスコアに繋がります。
私も怒涛の如く模試問題集を解きまくりましたが、いかに全体を通しでこなす事に慣れておくかは非常に大事で、スコア獲得にダイレクトに直結します。
模試問題集を制するものはTOEICを制すといっても過言ではないほど、ハイスコアの為にはお金と時間が許す限りより多くの模試問題集を解く事をおすすめします。
といわけで、今回はここから選べんでおけば間違いない!というおすすめの模試問題集14選をご紹介します!
TOEICハンターホームページ

Atsueigo
【ホームページより】
今回はTOEIC満点の私がオススメする厳選参考書・問題集17選をご紹介します!
他のTOEIC参考書の記事ではただアマゾンで評価が良さそうなものをまとめているようなものが多く「本当にこれオススメなの?」と疑問に思う方も多いと思います。
しかし今回ご紹介する参考書や問題集は私が実際に書店で内容を確認したり、実際に使用したりして、しっかりと自信を持ってオススメできるものをリスト化しています!少しでも参考書選びに参考にしていただければと思います。
Atsueigoホームページ

以上、TOEIC教材に関するオススメサイトをまとめてみました。
みなさんの、TOEICスコアアップを応援しています!
 

英語の資格試験についての情報を網羅しています。
各試験の比較表や、文部科学省の教育方針など英語に関するさまざまな情報が入手できます
また、CEFR(セファール)に関する情報も載っています。

【掲載されている試験・資格】
Cambridge English
英検
GTEC
IELTS
TEAP
TOEFL iBT
TOEFL Junior Comprehensive
TOEIC L&R / S&W

英語4技能資格試験サイト

TOEICのリーディングパートで時間がなくてお困りの方必見!
少しでも多くの時間をセーブできる方法をお伝えします。
先日生徒さんがリーディングパートのマークシートのマーク時間を計ったそうです。100問少し丁寧にやると全部で3分弱かかるそうです。これってかなりの時間ですよね。ショートパッセージなら2問解けます!スピードを上げて全部塗っても全部で2分くらいかかるでしょうか?たった2分のように思えますが、時間に追われる我われ受験者にはこの2分は本当に無駄な時間です。塗る時間を限りなく短くできれば更に時間的余裕が生まれます。

で、結局どうしたらいいかと言うと、マークシートは塗らず軽く印を付ければいいのです。実際に私もこの方法でやってます。確かに時間がセーブできてますね。今は読みとる機械の性能が本当に向上していて、一見ややこしそうなのもかなり正確に読み取ってくれるみたいです。お陰でリスニングもPART3と4で問題の先読みが有利にできます。

マークシートの読み取りについて、話してると意外に知らない人が多いことに気が付きます。
動画もアップさせておきます!センター試験のヤツですけどね。


 

リーディング力を上げるには社説を読むのも一つの手です。
時事英語にも強くなれますし、時事問題にも触れられます。
英語版と日本語版を比べながら読めば、英語では分からない点も解決できます。
TOEICや英検のリーディング対策にもオススメです!

読売新聞社説(日本語版)はこちらから
読売新聞社説(英語版)はこちらから

↑このページのトップヘ