GriっとEnglish

「grit」とは英語で「やり抜く力」の意味。
英語で最も大切なのはGritだと信じています。
本サイトでは英語学習にとって役立つ情報や動画などを掲載しています。

It is better to be a human being dissatisfied than a pig satisfied;
better to be Socrates dissatisfied than a fool satisfied.
-John Stuart Mill (1806-1873) -

英語の学習アドバイザーをしています。
英語の質問・英会話のパートナー・英検・TOEICなど資格試験のアドバイスもしています。
カウンセリングなどご希望の方はどうぞお気軽にお問い合わせください。

2018年09月

最近中3の子と英検のライティング練習をしました。
英語力も大事だけど、国語力(自分で考える力や情報を整理してアウトプットする力)は本当に大事だなと思うエピソードにその時出会いました。

その子は1年半のイギリス留学経験もあり、英語はよくできます。

前回の英検で、2級と準2級のダブル受験をしたそうです。
準2級の筆記試験は余裕で合格したそうですが、面接はわずかに合格点には及ばなかったそうです。
面接で聞かれていることは理解できるのだけれど、何と答えていいかわからないことが多かったそうです。
なお、ライティングは本当によくできていました。つまり、彼女には基本的な英語力があることがよくわかりました。

しかし、2級が特に問題でした。ライティングが全くの手付かず。課題文の訳はできるのですが、そこから考えが全く浮かばなかったらしいです。結果ライティングパートは0点でした。

実際に私と2級のライティング練習した時も、まずテーマに対するブレインストーミングができない!
直観的にテーマに対してYESやNOの立場は表明できるけれど、そこから理由が全く思いつきませんでした。

そうなってしまう理由は二つです。バックグラウンドの知識の欠如とブレインストーミング練習の欠如です。英検2級のライティングでは社会問題などについて書けなければいけませんが、その知識量(情報量)が絶対的に不足しています。また、ライティングを有利に進めるには、例え自分の直観とは反対の内容であっても書けることを書かなくてはいけません。

彼女は準2級のライティングは上手にできたようなので、2級も英文を書きだしたらたぶんそこまで苦労はしないのだろうと思います。しかし、その前段階が全くできないのは致命的です。書くことまでたどり着けない訳ですから。

そんなこんなで、結局私との授業は色んなテーマを使ってブレインストーミングする練習になってしまい、英文を書くことについては今後そこが少し克服できるようになってからになりました。

よく、英語力と国語力について議論がされますが、この件を見ているとどれほど国語力が大事かわかります。私も英語指導者ではありますが、小学校低学年からハイレベルの英語をやらせようとする英会話学校や指導者をみかけます。いくら将来を見据えていると言ってもやはりそれではダメなのではないのでしょうか?そのやり方は地に足が付いていません。子供たちの国語力を考慮し、彼らが自分たちで考えて分かるもの・理解できるものをやらせてこそ英語が身につくのではないでしょうか?そのためにはやっぱり国語力(国語力ってそもそも何だろうって話もありますが)を伸ばしてあげる必要があると、今回改めて実感しました。

マーク・ピータセン氏による「日本人の英語」について少し言及したいと思います。
氏はその著書の中(p.46)で、所有格について、「"her cat"で紹介した場合、それはher one and only cat」を意味すると述べています。つまり、her catと言った場合、その女性が飼っている猫は一匹だけになることを意味すると書いています。
以前ネイティブにそのことについて話したところ、必ずしもそれは当てはまらないと言っていました。つまり、彼女が一匹しか猫を飼っていないとは必ずしも言い切れないとのことです。

ピーターセン氏の指摘は大変興味深いと思います。しかし、やっぱり言語にはグレーゾーンがつきもので、意味の受け止め方は必ずしも一つだけではないということを改めて感じさせられた内容です。

TOEIC対策本はどれを使えばいいのかお悩みの方も多いと思います。Amazonの評価を見るのも一つの手ですが、使用者が色々なテキストを比較している情報もあるといいですよね。ということで、今回はオススメのサイトをまとめてみました。

Recommend Tank
【ホームページより】
大学(院)受験や就活、転職と『英語の指標』となっているTOEIC。
英語力が測れるのか?など議論は絶えませんが、まだまだ英語試験の主役です。
筆者のTOEICハイスコアは910ですが、大学入学時はTOEIC500点にも届きませんでした。
しかし、最適な勉強法とテキストによって、半年で300点以上のスコアアップに成功しています。
Recommend Tankホームページ

Let's life in English!
【ホームページより】
TOEIC対策本は100冊以上購入しましたが、自分がやり込んだものの中で、本当に役に立ったと感じたものだけを選び、その理由も添えています。
ただ、僕がトライした参考書の中には、古くなってきて最新の傾向とズレてきているものもあるので、その場合は、新しく発売されたものの中でおすすめのテキストをご紹介しています。
Let's life in English!ホームページ

TOEICⓇテストは名古屋英語特訓道場
【ホームページより】
名古屋英語特訓道場の990点満点講師が厳選した市販のおすすめTOEIC®TEST本(2016年5月以降の新形式向け)です。
[2018年7月20日時点]
TOEIC®TEST のスコアを上げるには、良質の問題に触れることが大事です。しかし、TOEIC®TEST は試験問題が回収されることもあり、質の良い問題をつくることができる人は限られています。 巷には、いい加減な問題ばかりを載せいている本も多数あります。「安い」、「やる気が出そう」、「見やすそう」などの判断基準で参考書・問題集を選ぶと、ひどい本にあたってしまい、スコアが上がらない可能性があります。
ここでは、これまでに手にした1,000冊以上の参考書・問題集の中から本当におすすめできるものだけを掲載しています。
TOEICⓇテストは名古屋英語特訓道場ホームページ

らーめんてーぶる
【サイト管理者コメント】
各テキストの難易度が実体験を元にデータ化されているのが特徴。
ようここまで分析したな、と思わずうならされた内容です。
らーめんてーぶるホームページ

TOEICハンター
【ホームページより】
今や新形式用の問題集も続々発売されていますが、TOEICでハイスコア獲得の為にかかせないのが模試問題集です。
リスニング、リーディングの全200問を本番と同じ時間制限付きで解く練習をすればするほど、本番試験にどんどん強くなっていきます。
本番試験に強くなる=ハイスコアに繋がります。
私も怒涛の如く模試問題集を解きまくりましたが、いかに全体を通しでこなす事に慣れておくかは非常に大事で、スコア獲得にダイレクトに直結します。
模試問題集を制するものはTOEICを制すといっても過言ではないほど、ハイスコアの為にはお金と時間が許す限りより多くの模試問題集を解く事をおすすめします。
といわけで、今回はここから選べんでおけば間違いない!というおすすめの模試問題集14選をご紹介します!
TOEICハンターホームページ

Atsueigo
【ホームページより】
今回はTOEIC満点の私がオススメする厳選参考書・問題集17選をご紹介します!
他のTOEIC参考書の記事ではただアマゾンで評価が良さそうなものをまとめているようなものが多く「本当にこれオススメなの?」と疑問に思う方も多いと思います。
しかし今回ご紹介する参考書や問題集は私が実際に書店で内容を確認したり、実際に使用したりして、しっかりと自信を持ってオススメできるものをリスト化しています!少しでも参考書選びに参考にしていただければと思います。
Atsueigoホームページ

以上、TOEIC教材に関するオススメサイトをまとめてみました。
みなさんの、TOEICスコアアップを応援しています!
 

今日はTOEICのPart2を勉強しました。
去年TOEICを受けた時、What time is it?という質問が出た時は単純過ぎて驚きました。
当然、It's 7 (o'clock).のような回答ではなく、The meeting won't start soon. みたいな(具体的には覚えてませんが)のが正解でした。
最近の傾向として、Part2ではドンピシャで答えを導くパターンではなく、消去法で答えを選ぶものが結構あるように思います。

英語の資格試験についての情報を網羅しています。
各試験の比較表や、文部科学省の教育方針など英語に関するさまざまな情報が入手できます
また、CEFR(セファール)に関する情報も載っています。

【掲載されている試験・資格】
Cambridge English
英検
GTEC
IELTS
TEAP
TOEFL iBT
TOEFL Junior Comprehensive
TOEIC L&R / S&W

英語4技能資格試験サイト

【ホームページより】
TEAPのウェブサイトです。日本英語検定協会が運営するTEAPは、大学入試測定に最適なテストです。ここではテストの特徴や種類など、TEAPの魅力についてご紹介しています。

2020年から大学入学共通テスト(ざっくり言うと、センター試験に代わって実施される試験です)において、TEAPなど外部の英語試験の結果の仕様が可能になりました。
また、国公立二次試験・私立大学の入試でも間違いなくTEAPは用いられることになるでしょう。
色々情報がネットにあるのでそれをまとめました。
また、名前は違いますがTEAPとGTECは性質が似ているのでそれについてしっかり把握しておくことも重要です。
ぜひご参考頂きたいと思います。

TEAPホームページ


4skillsホームページ
(TEAPについて細かい概要・配点・難易度・メリット・デメリットをのせてくれている)

英ナビ!ホームページ
(TEAPスコアによる志望大学の目安が見つけられる)

4skillsホームページ
(TEAPとGTECの違いを解説してくれている)

4skillsホームページ
(TEAPとGTECのメリットを解説してくれている)

TEAPについての動画①


TEAPについての動画②


TEAPについての動画③

 

【ホームページより】
IELTS(アイエルツ)の公式テストセンターのウェブサイトです。安心と実績の日本英語検定協会が運営する公式IELTS(アイエルツ)は、アメリカ・イギリスを含む世界140ヶ国10000機関が認定する海外留学や海外移住に最適な英語能力判定テストです。ここではテストの特徴や種類、お申し込み方法など、IELTS(アイエルツ)の魅力と手続きについてご紹介しています。

IELTSホームーページ
 

↑このページのトップヘ