GriっとEnglish

「grit」とは英語で「やり抜く力」の意味。
英語で最も大切なのはGritだと信じています。
本サイトでは英語学習にとって役立つ情報や動画などを掲載しています。

It is better to be a human being dissatisfied than a pig satisfied;
better to be Socrates dissatisfied than a fool satisfied.
-John Stuart Mill (1806-1873) -

英語の学習アドバイザーをしています。
英語の質問・英会話のパートナー・英検・TOEICなど資格試験のアドバイスもしています。
カウンセリングなどご希望の方はどうぞお気軽にお問い合わせください。

2018年08月

TOEICのリーディングパートで時間がなくてお困りの方必見!
少しでも多くの時間をセーブできる方法をお伝えします。
先日生徒さんがリーディングパートのマークシートのマーク時間を計ったそうです。100問少し丁寧にやると全部で3分弱かかるそうです。これってかなりの時間ですよね。ショートパッセージなら2問解けます!スピードを上げて全部塗っても全部で2分くらいかかるでしょうか?たった2分のように思えますが、時間に追われる我われ受験者にはこの2分は本当に無駄な時間です。塗る時間を限りなく短くできれば更に時間的余裕が生まれます。

で、結局どうしたらいいかと言うと、マークシートは塗らず軽く印を付ければいいのです。実際に私もこの方法でやってます。確かに時間がセーブできてますね。今は読みとる機械の性能が本当に向上していて、一見ややこしそうなのもかなり正確に読み取ってくれるみたいです。お陰でリスニングもPART3と4で問題の先読みが有利にできます。

マークシートの読み取りについて、話してると意外に知らない人が多いことに気が付きます。
動画もアップさせておきます!センター試験のヤツですけどね。


 

今回は単語の覚え方について少し見て行きましょう。

覚えたい単語を他の単語とペアにして覚えるパターンがあります。

今回は cleave という単語を覚えてみましょう。
cleaveは「割る・切り裂く」という意味です。

①cleave を他の単語とペアにします。以下のペアでどうでしょうか?
meat cleaver:肉切り包丁

②上のペアを元に、ケータイなどの録音アプリで以下のように録音しましょう。
「肉切り包丁meat cleaver肉切り包丁meat cleaver肉切り包丁meat cleaver」

③録音したものを聞き流せば、勝手に「肉切り包丁meat cleaver」が暗記でき、最終的に cleave が「切り裂く」という意味だと認識できるようになります。

私はこれを他の方法と併用することで、英検1級の試験で25問中23問正解できました。

録音したり単語のペアを探したり面倒臭いのですが、最終的にはかなり効率よく覚えられました。

ELTS(アイエルツ)の公式テストセンターのウェブサイトです。安心と実績の日本英語検定協会が運営する公式IELTS(アイエルツ)は、アメリカ・イギリスを含む世界140ヶ国10000機関が認定する海外留学や海外移住に最適な英語能力判定テストです。



ネイティブイングリッシュ

リーディング力を上げるには社説を読むのも一つの手です。
時事英語にも強くなれますし、時事問題にも触れられます。
英語版と日本語版を比べながら読めば、英語では分からない点も解決できます。
TOEICや英検のリーディング対策にもオススメです!

読売新聞社説(日本語版)はこちらから
読売新聞社説(英語版)はこちらから

Story Corpsはアメリカの非営利団体であり、そのミッションはあらゆる背景や信条を背景に持つアメリカ人の話を収録・保存・共有することとあります。Story Corpsは2003年にラジオプロデューサーであるデービッド・アイセイによって、Sound Portraits Productionsというプロジェクトから生まれました。

話し手の中にはアクセントの強い英語を話す人もいますが、基本的にとても聞きやすいです。動画付きなので視覚的にもリスニングを補助してくれます。ストーリーも感動的だったりショッキングだったり心に強く印象に残るないようなので退屈しません。英語学習にぜひお役立て頂きたいと思います。

Story Corps ホームページ

小学校英語指導者認定協議会は民間の教育関係諸団体が協力して、目的達成のために必要な資格基準作り、能力評価、教育資源の開発・研究に取り組み、その成果をもって小学校における英語活動を推進することを本旨として設立します。

【管理人コメント】
J-SHINEは教員免許がなくても小学校で英語を指導できるようになる資格のことです。教員免許を取得するには大学で必要単位を取得する必要があります。しかし、J-SHINEの場合は必要なコースを終了すれば認定が得られ、小学校で英語を指導することが可能になります。教員免許取得よりハードルが低いのが特徴です。
J-SHINE ホームページ

Teyl-JAPANは「英語力」と「指導力」を兼ね備えた英語指導者の国際認定資格です!Teyl-JAPANコース修了後には、NPO法人小学校英語指導者認定協議会(J-SHINE)認定資格に申請することが可能です。

Teyl-JAPAN ホームページ
J-SHINE認定ジュニア英語プロ教師養成講座Teyl-JAPAN


J-SHINEとは
小学校英語指導者認定協議会は民間の教育関係諸団体が協力して、目的達成のために必要な資格基準作り、能力評価、教育資源の開発・研究に取り組み、その成果をもって小学校における英語活動を推進することを本旨として設立します。
J-SHINE ホームページ

CASEC(キャセック)は、英検が基礎開発したインターネット上で24時間受験可能な英語テストです。受験時間は約40分。TOEIC、TOEFLのスコア目安、英検級の目安もすぐ表示されます。採用試験、英語研修の効果測定、大学のプレイスメント等でご利用いただいています。
CASEC ホームページ

【個人的感想およびコメント】
CASECは非常に受けやすいのがポイントです。受験後すぐに結果が表示されます。1000点満点ですが、ネイティブでも満点は取れていませんでした。TOEICのスコア目安が表示されますが、実際には+100~+50をしたくらいが実際のTOEICのスコアと考えるとよいと思います。(つまり、目安が500と表示されたら550~600くらは取れる)また、英検級の目安も表示された級より一つ上の級が合格可能と判断できます。(つまり、目安が英検3級と表示されたら準2級くらは合格可能)まとめると、CASECの目安スコアや級は少し厳しめと思います。とにかく、値段や手段など手軽に受けられるのでぜひチャレンジしてみましょう!  

英検1級や通訳案内士など、超ハイレベルの試験対策を主に行っています。 試験対策に有益な情報もホームページ上に公開されていて、受験を考えている方にはとても助けになるサイトです。
CEL英語ソリューションズホームページ
 

TOEICについてかなり詳しい情報が掲載されています。勉強の仕方など、目標点などに応じて詳しく書かれています。
Enjoy life in Englishホームページ  

↑このページのトップヘ