今日もTOEICの授業をしました。

今日の生徒さんはTOEICスコアを650くらいお持ちです。
英検準1級もお持ちで、文法もかなり理解されています。
文法の用語・用法には精通され、こちらの質問にも適切にお答え頂いています。

しかし、その生徒さんは一度英文を読んだだけでは頭に残らないのが
凄くネックだと仰っています。
TOEICのために毎日6時間くらいかけて勉強をしているそうです。
文法はまぁまぁできているので、単語力の強化と文の精読をとにかく呼びかけていますが、
簡単には成果は表れてくれません。

ネットで調べてみると、同じような悩みを抱えた方が大勢いらっしゃいますね。
英文が頭に入ってこない人の場合、やはり多読がカギのようですね。

今回は多読のについて色々調べた記事を掲載したいと思います。

①RareJob English Lab
専門的な観点から多読の必要性・効能などを説明している。
専門的と言っても、難しい内容ではない。専門的ゆえに納得もいく。
RareJob English Labホームページ

②NPO多言語多読
多読に関するコツをわかりやすく解説してくれている。
NPO多言語多読ホームページ

③Brighture
どのような本を選ぶべきかアドバイスをくれている。
Brightureホームページ

④Let's enjoy life in English
多読について書かれているが、TOEIC全般に関する情報が非常に豊富。
他の記事もオススメ。
Let's enjoy life in Englishホームページ

⑤3流大学性がたった一発でTOEIC900点を取得した勉強法
多読の問題点などを指摘している珍しいサイト。
読んでおいて損はないはず。
3流大学性がたった一発でTOEIC900点を取得した勉強法ホームページ

⑥Atsueigo
TOEIC満点保持者・Atsuさんのホームページ。
多読は必要としながらも、正しいやり方についても説いてくれている。
Atsueigoホームーページ

あるサイトに書かれていましたが、TOEICの場合多読は重要だが、同様に速読も重要とありました。
しかし、その両方をうまく機能させるためには何と言っても精読できなければならないともありました。
私もそれに同感です。正しく読めなければ、結局自分で勝手にストーリを組み立てて間違った解釈をしてしまうことがあるからです。
精読・速読・多読という三つをうまく組み合わせた勉強が必要ということですね!